白髪が増えて困っています…

30代後半から少しずつ白髪が出てきました。最初は珍しくて見つけると抜いていました。でも徐々に増えてくると自分で染めなければならなくなりました。特に耳の生え際が多くこれを放っておくとかなり疲れた印象で老けてみえます。自分の好きな服装をしても首から上が年を取っているのでアンバランスな感じになります。

それで自分で白髪染めを買って染めるようになりました。これも2、3年前は1本買って何ヵ月かはもっていたのですが最近は生え際だけでなく頭のてっぺんや髪の毛の中まで増えてきたので1度染めるのにほとんど使わなければならなくなりました。しかも後ろは染めづらくきれいに染まりません。

美容院に行けばきれいに染めてもらえるのですが、専業主婦なので毎月行くわけにもいかずで。どこかに白髪染めだけを安くやってくれるところはないかと探しているところです。見つかるまでは主人に後ろ部分は染めるのを手伝ってもらっています。

子供虫歯予防歯磨き粉ブリアン
今注目の歯磨き粉ですが
いったいどんな歯磨き粉か下記サイトが参考になります。
ブリアンが子供虫歯を予防する理由

毎日の手のひらパッティング

結婚して子どもを産んで、三十路も過ぎ、顔のたるみが気になる今日この頃。しかし、リフトアップの化粧品は高いし、エステなんてとんでもない。とはいっても独身時代に過去に何度かは体験したこともあるのです。

フェイシャルエステ。わりとお手頃価格で椅子に座ってやってもらうんですけど、ちょっとチープな感じが好きでした。そこで、お肌のこととか、お手入れのお勉強もさせてもらいました。そう、顔のお肉と皮膚はどんどん下がってくるということを。

当時はそんなにたるんでないのにやってもらってたんですよね。今こそやってもらわなきゃいけないのに、お金がない。時間も作れない…。

よく言われてる、背中のお肉を胸に持ってくるのと同じです。貴方の場所はここですよって感じでぐっと持ち上げてキープ。顔だけじゃなくて、生え際のところまで持ち上げたお肉を運んであげてください。

ぐっと持ち上げつつ片方の手でひっばられてるところをトントンと適度な強さで、パッティングです。エステならマシンがやってくれるんですけどね。単純なことですが継続は力なり。効果抜群です。

育毛ケアはリフトアップにも効果があります。
女性用育毛剤で人気のマイナチュレ
口コミが掲載されているサイトが下記です。
マイナチュレ育毛剤の口コミ

敏感肌のケアはシンプルに徹します

ひとくちに敏感肌といっても生まれつきの体質の人もいれば、間違ったスキンケアのために一時的な敏感肌になってしまっている人もいます。

敏感肌は普通の人が感じないわずかな刺激でも過剰に反応してしまいます。肌表面の皮脂膜・水分が十分でないため角質層のバリア機能が消失され外からの刺激に弱くなっている状態です。ちょっとした刺激で赤くなる、かゆみがでる、肌がひりひりして肌荒れを起こします。

肌が荒れてしまうと化粧品でひりひりすることもあります。そんなときは化粧はせず、ワセリンを塗ります。テカテカして恥ずかしいですが痛いよりましです。1週間はワセリンで我慢します。

敏感肌には植物エキスが入った化粧品がいいという人もいますが、私の肌にはあまり適していないようです。敏感肌用化粧品を選ぶときも成分表示の数が少ない出来るだけシンプルなもののほうが肌に優しく私の肌に合っているようです。

敏感肌のケアはシンプルに徹します。洗顔後の化粧水は省いて保湿美容液をつけるだけです。

日焼け対策と日々の化粧品

3か月ほど前からできるだけ日焼け対策を万全にして外出しています。

SPFが最大表示50++++を使いさらにリキッドタイプでカバーし、ひやけ止めはジェルタイプとスプレータイプ両方でメイクのうえからもさらにつけたり、髪の毛もスプレーで保護して帽子をかぶります。見落とされがちなのがうでや首周辺で運転などによってかなり紫外線にはあたっているので油断なく対策します。

日焼けによるシミは年々増加でこまっています。買い物で頻繁にドラッグストアにより、シミくすみをうまくカバーできるファンデーションなどないかさがしています。パウダー寄りのクリームタイプのファンデーションのカバー力はけっこうすぐれもので、しかもメイク落としもいがいと簡単なのでつかいやすいです。

スキンケアにおいて夏はとくに食べ物でも気を付けるのがシミ対策に、リコピンをおおくふくむトマトやスイカを頻繁に食べることです。もともとスイカ大好きなので肌にも良いという情報を知ってからますます食べる機会を増やしました。
ちょっとの紫外線とおもわず日々、肌のことには気をくばって夏を乗り切りたいです。

ダイエットのため、糖質を控えています。

ダイエットのため、糖質を控えるようにしています。糖質制限というと、いろいろな説があり、美容や健康に良いとする人もいれば、悪いという人もいますが、私は自分の体で一年ぐらい試してみたところ、糖質をあまり摂らないようにしている方がスリムでいられるようなので、糖質は控える方針にしました。

糖質を摂らないということは、ご飯やパンが食べられませんが、もともと、ご飯を炊くことやパンを焼くのが面倒臭いと思っていたので、そうした作業から解放されるということで、糖質を摂らない食事については、負担なく続けやすいです。

ただ、食物繊維を意識して摂るようにしなければ、便秘になることがあるので、美容と健康のため、便秘にはならないように注意しています。

糖質を控えるようにしてから、4キロ痩せて、健康的なスタイルをキープ出来ているので、こういう食事が自分には合っているのかもしれないと思っています。多分、これからも続けていくと思います。

顔汗用の制汗剤サラフェで
鼻の下の汗を抑える